地獄のような合宿

目を覚まして外が晴れているのを確認すると,私たちは皆暗い顔でため息をつきました。雨なら中止になるのに。

今日は部活合宿の4日目,長野の高地,朝ご飯に向かう部員たちの顔は日を追うにつれてやつれているような気がします。

朝から結構な量の朝食を急いで詰め込んで,練習場に向かう自動車に乗ります。中止かどうかの判断を行う,一番やる気のあるはずのキャプテンまでもが「ああ...晴れてるよ...」と暗い面もちです。

普段の何倍もきつい夏合宿ももう4日目なので慣れてきたと思ったら別に全然そんなことはありません。きついものはきつい,むしろ筋肉痛や足のタコに悲鳴をあげて休憩時間は阿鼻叫喚。水と氷の奪い合いです。

でも,今日のマッチは調子の良いものが一本ありました。先輩にも褒められてチョロい私は上機嫌です。
車で帰って合宿1番の楽しみ、その宿名物の丸ごと茄子のおひたしを周囲から奪いまくり、動けないほどの満腹が幸せな一日でした。
車はもう使わないので売ります。↓
個人情報なしで車買取をする方法